個人再生の相談ごと.com

MENU

個人再生の相談ごと.com

法律事務所などでは借金相談を実施している所が多く有ります。
また、この借金相談は無料と言ったことが記載されているケースが多く有りますが、実際の実務に入る事で報酬が発生してくことになるのです。

 

借金を抱えてしまい、返済が出来なくなった時など、弁護士などに相談をする事で債務整理を行う事を勧めてくれます。
債務整理の中には幾つかの方法が有りますが、その一つに個人再生が有ります。

 

個人再生は裁判所を通じて手続きを進めていく債務整理なのですが、住宅などを所有している場合などでは住宅を処分する事無く債務整理を行うことが出来ます。

 

また、個人再生はギャンブルなどの浪費による借金の場合も手続きが進めることが出来ると言われています。
但し、浪費による借金と言うのは繰り返し借金をする可能性が高いものであり、反省をする事で再生手続きが行われることになります。

 

因みに、個人再生には幾つかの条件が有ります。
まず、前提条件として必要な事は返済能力が有る事です。
借金は大幅に減額が行われることになりますが、債務が残る事になり、その債務を一定期間で返済をしていく必要が有ります。
返済を行える能力が有る場合に限り、個人再生のメリットが活かされ、借金の整理でもある債務整理が可能になるのです。

 

また、借金の総額は5千万円以下と言います。
但し、この借金には住宅ローンなどが含まれていません。
また、住宅ローンを利用している場合は、個人再生での返済と住宅ローン返済の2つを行う事になるのです。

 

個人再生手続きは債務整理の方法の一つです。
また、個人再生手続きは、自己破産手続と任意整理の中間と言った特徴を持っていますが、それぞれの良い所を持っていると言う意味ではなく、自己破産手続きと同じく裁判所を利用して行う手続きで有ることや、住宅を所有している場合など、任意整理のように住宅を処分する事無く債務整理を行えると言う意味において、自己破産手続きと任意整理の中間であると言う意味をもっているのです。

 

このように、個人再生手続きは裁判所に対し、再生手続きの申し立てを行い、裁判所の許可が下りて初めて手続きが開始される事になります。

 

法律事務所では借金の無料相談を実施しているケースが多く有りますが、無料相談は弁護士や司法書士などが相談に訪れた債務者の話を聞く事で、債務整理におけるアドバイスをしてくれます。

 

住宅を所有しているので、自己破産はしたくない、返済能力はあるけれども、任意整理が出来る程の収入が見込めないなど、債務者の状況に応じて債務整理の方法を見出だしてくれます。

 

尚、住宅を所有している場合、自己破産を選べば住宅は競売で処分しなければなりませんが、個人再生の場合は多少なりの収入が有ることで裁判所に対し、申し立てを行う事で再生手続きを進めて行く事が出来ます。

 

借金の無料相談では、債務者の現在の状況や借金の種類、借入れ先の件数、借金の額、マイホームの有無などについて、隠す事をせずに全てを弁護士などに話す事で最適な方法を選び出してくれます。