個人再生のデメリットは?※知らないでは済まされない!

個人再生のデメリットは?※知らないでは済まされない!

MENU

個人再生のデメリットは?※知らないでは済まされない!

多額の借金を背負って難渋している人がこれまでの借金を整理して身軽になるための方法はいくつかあります。個人再生というのは、そのような債務整理の方法のひとつであり、民事再生法とよばれる法律にもとづく制度です。
よく知られている自己破産のように、借金のすべてが解消されるわけではありませんが、ケースによって異なるものの、おおむね5分の1程度の金額にまで借金が減額され、残りを個人再生計画という計画にもとづき、原則として3年をかけて支払います。この期間が終われば債務はすべてなくなりますし、事情がある場合には5年までの長期分割による返済が認められることも多いため、きわめて有利に運びます。
しかしながら、このような個人再生にもデメリットが存在しており、その1番めとして、裁判所により個人再生計画が認定されるまでの手続きに半年程度を要し、その後の返済にも原則3年かかるという、期間の長さが挙げられます。同じ債務整理のひとつである任意整理が数か月ですべて終了するのに比べると圧倒的に長いといえます。
デメリットの2番めとして、個人再生をして以降5年程度の間は、新規の借り入れがきわめて難しくなるということが挙げられます。個人再生の事実は官報によって公告されるため、銀行などの金融機関に知れてしまい、いわゆるブラックリスト入りしてしまうためです。
デメリットの3番めとして、借金の金額が大幅に少なくなるとはいえ、計画はそもそも返済が定期的に行われることを前提としているため、無職・無収入状態であるなど、返済の見込みがまったく立たない人は、この制度を使うことができないということが挙げられます。